電子書籍 - 家電・PC・モバイルどっとこい

電子書籍ストア

筆者が最近、iPad miniで利用している電子書籍ストアは、kindle,GARAPAGOS,楽天koboだ。 

楽天Koboを使い始め、電子書籍の便利さを知ったのだが、最近Koboの利用頻度が下がりっぱなしだ。 

Koboしか持ったていなければ、問題ないが、iPadminiやXperia,Sony Tabletなどの端末も持っているので、それらのたんまつそれらの端末でも読みたくなる。 

そうなると、オープン性が重要となってくる。 Koboには、Koboの端末以外で読むことができない。

iOSやアンドロイド用のアプリがないのだ。楽天Koboストアには、近日中に他の端末用のアプリをだすようなメッセージがでているがなかなかでない。

今現在、オススメ電子書籍ストアは、10台の端末が登録できるAmazonのKindle、その次がGARAPAGOSだ。

今後、電子書籍ストアのサービスがどんどん競争が激しくなっていくだろう利用者としては、期待したいところだ。

PDFの縦書き文字のEPUB化

Kobo Tocuhを買って以来、PDFのEPUB化が人生の目的になったかのようにEPUB化を推進中です。

しかし、縦書きがうまくいかなったのです。

以前紹介した「PDF Mate Free Converter」は縦書き文字は、上手く変換してくれません。

とりあえず、縦書き文字はおいていましたが、いつまでも逃げてはいられれません。

いろいろテストしてみましたが、1つ縦書きでもうまくいくソフトを発見しました。

有料ですが、「PDFから簡単変換!プロ」が縦書きでも、変換してくれます。

何故か、縦書きの書籍が、横書きで出力されます。

「PDFから簡単変換!プロ」の販売サイトはこちら

また、このソフトは、OCRのエンジン(プロ版のみ)が付いているので、テキストが付いてないPDFでもOCRで変換しながらEPUB化ができるのも特徴ですね。


Kobo Touchのソフトバージョンが2.1.1に!

久々に楽天Koboストアで書籍を購入。

自炊epubリーダーと化した我がKoboだが、たまには電子書籍も買うのだ。

購入して、Koboに同期して、USBケーブルを抜いたとたんに、英語でない言語のメッセージが表示された。

言葉は解らないが、砂時計マークが表示されているので、とにかく待った。

その画面が消えると、リリースノートが表示された。

バージョン 2.1.1 -12/08/25

Wi-Fi接続の安定性の改善とマンガの表示方法改善だそうだ。

しかし、リリースは12/08/25なので、およそ1ヶ月も経っていた。

どうやら、Koboストアにアクセスしないと、Kobo自体のソフトも更新されないようだ。

皆さんも、たまにはKoboストアを覗きましょう!

Kobo用の自炊データ化 PDFからEPUB変換方法

Koboタッチを自炊用に使う場合、PDFのままだと。字が小さく非常に見づらい。

老眼が入ってきている筆者には、到底読めない。

そこで、自炊PDFデータをEPUBに変換することにした。

自炊PDF作成時に、OCRを通しているので、PDFに埋め込まれているテキスト情報を引っ張り出してくることになる。

そんなツールがないかとネットを検索すると、結構たくさんでてきます。

そんな中からフリーの良いツールが見つかった。

「PDF Mate Free Converter」だ。

利用方法は簡単。読み込むPDFを選択し、出力フォーマットをEPUBにするだけだ。

ただし、注意が必要なのは、PDFに含まれる写真や図形、グラフなどの文字以外の情報もEPUBにしたいと選ぶと、PDFの1ページ1ページを文字も含めて画像化して、EPUBに埋め込んでしまうという動きになります。

これでは、元のPDFで見るのと大差が無いですね。文字の大きさも変わりませんので、筆者には読めません。

なので、EPUB化するときには、書籍内の写真や図形やグラフはいったんあきらめて、文字だけをEPUB化しています。

SCAN SNAPでOCR化した時の読み取り精度にもよりますが、そこそこEPUB化されます。

しかし、あまりにひどい場合は、「Sigil」(EPUB作成ツール)で修正しています。

この工程を通ると時間がかかって大変なのですが。





Kobo Touch用のカバー買いました

Kobo Touchは7月の発売時は、PC用ソフトウェアがダウンロードできない、インストールできない、認証できないなどトラブルに見舞われ、難しい船出になりました。

Kobo Bookストアで買ったり、自炊本を入れたりして使ってます。

しかし、旅行や通勤時にカバンにどうも入れる気にならなかったのです。

それは、KoboTouchが軽量で、脆そうにみえるからです。また、むき出しのままカバンにいれるのも傷だらけになりそうだし。

そこで、KoboTouch用のカバーを購入しました。もちろん、楽天のショッピングサイトから。

ネットでみると結構な種類があります。色も多彩。

そんな中、選んだのが、磁石式に蓋ができる黒のカバーです(下の写真)。
KoboCover1c.JPG KoboCover2c.JPG

高級感もそこそこあって、満足してます。これで安心して、外出に連れて行けます。