家電・PC・モバイルどっとこい

ソニーは大丈夫か?

ソニーユーサ向けのアンケートメールが来た。ソニータブレット向けユーザアンケートだ。

アンケートサイトでは、いくつかの質問項目があったが、ユーザの層、多様性をあまり考えてないようだ。

ITのヘビーユーザである我々向けではない、

我々敵には、そんなことはすでに、タブレットのみばらず、PCやスマホ、携帯でのできる。画期的なことではない。いまや、単なる便利機能で、高付加価値のサービスとはいえない。と言いたい質問だ。さらなる便利機能、クーポン連動などのお得機能などが求められる。とことん、ソニーの資源と顧客ニーズを照らし合わせたサービスを打ち出せているのだろうか?


ソニーはこれまで市場をコントロールしようとして、失敗している。自社の技術をベースにした市場陽囲い込み政策だ。

ソニーのこれまでの囲い込み政策の失敗を反省し、とことんオープンを追い求めるのか。または、アップルのように完全なる囲い込みを目指すのか、はっきりさせないといけない。
かなりの画期的な製品でもつくらないと、後者はあり得ない。まずは、前者の戦略だ。すべての製品を徹底的にネットワーク化すべきだ。薄型テレビでは、東芝が先行してネットワーク対応製品を世に出していた。

他社は、そういったオープン化を拒んでいた。結局はオープンに向かう。アップルは今だ閉鎖的だが成功を続けている。しかし、オープンな市場の競争参加者の数にいつかはひれ伏すことになる。

別の視点で言えば、垂直統合と水平分散の見方もある。しかし、最終顧客市場を寡占化できれば、垂直統合に向かうのだ。競争が激しい市場の中においては、当然水平分散になる、つまり、水平分散→垂直統合→水平分散を繰り返しながら、時代は進んでいくのである。

ハイテク企業の各社は、歴史的な局面に立たされている。しかし、時代の変化、市場の変化を読み解き、我々をワクワクさせる製品作りをすすめて欲しい。

感動をプロデュースのだ。これは、すべての業界に共通する価値だ。

auスマートパスに入りました?

スマホに切換え時、auスマートパスに入りますか?と店員さんに聞かれます。

私は、しばらく考えた後、入ると答えてしまいました。

アプリがいろいろあって、きっと役立つに違いないと判断したのです。

auスマートパスを有効にするには、au IDなるものが必要で、auスマートパスが使えるようになるまでが大変でした。

au IDに登録しようとすると、契約時に登録した暗証番号が必要なのだが、全く記憶に無いし、契約書も、見当たらない。

適当に暗証番号をいれてもダメでした。

auに電話で問い合わせた結果、auショップに行って、暗証番号を再発行するか、auから郵送で番号を送付するかしかないとのことでした。

休みの日に、auショップに行って、暗証番号を再発行してもらいました。

脱線しましたが、auスマートパスが使えるようになるまで、1週間以上かかってしまいました。

さて、auパスポートを使ってみての感想ですが、ビジネス視点では、使えるソフトはそんなに多くないかな。
使えるソフトをピックアップすると、
●ウィルスバスター(ウィルス対策ソフト)
●7Note with Mazec-T(手書きOCR変換入力機能つきメモ帳)
●ATOK(日本語入力、変換)
●Refills(カレンダー、手帳)
●Kingsoft Office(オフィスソフト)
●Navitime(乗り換え、ナビ)

辞書系
●ジーニアス英和・和英
●大辞林

その他、生活全般では、
●家庭の医学大全
●全国病院検索 など

教育では、
●えいご上手
●TOEICテスト文法640問
●英熟語の達人 など

というように各分野に渡って、アプリをラインナップしている。

なので、ゲームも含め、いろんな分野のアプリを広く使う人にとっては、auスマートパスはお得といえる。

特定の分野しか使わないユーザは、損かも。

なので、auスマートパスに入って、あるいは入ったけどどうしようと言う人は、いろんなアプリで、勉強、ゲーム、ビジネスに活用するのがベストですね。

アイシン SP10 ちょっとおしゃれなミシンです。

最近、奥さんのミシンが潰れてしまった。

雑巾を縫ったときに、異音がして動かなくなったそうだ。

昔だったら、修理して使い続けるのだろうが、ミシン屋さんが近所にない時代。修理の相談もままならない。

そこで、今回も、修理代払うなら、買っちゃえっということで。

ネットで物色開始!

今回のポイントは厚物縫いができるやつだ。

家庭用、安くてそんなものがあるのかと思いながら検索しつづけた。

そんな中偶然、アイシンのSP10のホームページ「笑顔のたまご」を発見。奥さんにSP10のショコラブラウンを見せると、これがいい!

と反応。厚物縫いは?いいの?

いいそうだ。デザイン重視に急遽変更!

そう、アイシンのSP10はそれほどデザインが普通でない。下記写真。
AISIN SP10.jpg

おしゃれだ。形がヨーロッパっぽい感じ。これまでの日本製ぽくないのがいい。

そして、「笑顔のたまご」サイトで発注。

到着後、ためし縫いをした奥さんは、結構音が大きい、それだけパワーがあるようです。

厚縫いも大丈夫かもですね。

前のミシンとボタンの位置が違ったり、パワー、音が大きいのでまだ慣れてないようですが、縫うのが楽しみのようです。

良かった良かった!